logo


日本カメラ 博物館講演会

〜魅力的でメモリアルなカメラを語る〜
消え去ったブランドのカメラたち

2008年4月26日(土)
−開催のお知らせ−


講師:萩谷 剛 氏

(元『カメラレビュー クラシックカメラ専科』編集長)


受講料:300円(友の会会員は無料)

※受講券提示でお一人様一回のみ博物館入館が無料



日本カメラ博物館では、来る2008年4月26日(土)に、特別展「ペトリ、ミランダ、ヤシカ…今はなき昭和のカメラ」に関連し、講演会〜魅力的でメモリアルなカメラを語る〜 消え去ったブランドのカメラたちを開催いたします。
今回の講演会では、元『カメラレビュー クラシックカメラ専科』(朝日ソノラマ)編集長の萩谷剛氏を講師にお迎えし、トプコンREスーパー、ズノーカメラ、レオタックスGからアイレス35、アルコ35、ネオカ35など現在はカメラ製造を行っていない昭和のカメラやブランド、メーカーについて、その歴史と生み出された カメラたちの今日的な意義をお話いただきます。


萩谷 剛 (はぎや たけし)氏 略歴

1952年東京生まれ。東京工芸大学短期大学部写真応用科卒業。元『カメラレビュー クラシックカメラ専科』編集長。
現代におけるクラシックカメラの再評価と、1910〜1930年代の日本の芸術写真全般をテーマに活動している。


開催概要は以下のとおりです。

[開催概要]
  ●タイトル 日本カメラ博物館講演会
〜魅力的でメモリアルなカメラを語る〜
消え去ったブランドのカメラたち
●講師 萩谷 剛 (はぎや たけし)氏
元『カメラレビュー クラシックカメラ専科』編集長
●開催日時 2008年4月26日(土曜日) 午後1時〜3時 (予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車5番出口より徒歩3分)
●応募方法 日本カメラ博物館にて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3263−7110
●定員 150名
●受講料 300円(日本カメラ博物館友の会会員は無料)
 ※受講券提示でお一人様一回のみ博物館入館が無料

ホームページ
JCIIトップページへ