日本カメラ博物館のlogo



風景写真家・前田晃氏 スライド トークショー


「父・前田真三を語る」

平成20年8月30日(土)
−開催のお知らせ−



 今年は、風景写真の第一人者である、前田真三氏の没後10年目にあたります。これを記念して、JCIIフォトサロンでは、来る2008年7月29日(火)から8月31日(日)まで、前田真三作品展「日々の風景」を開催いたします。

 この展示に合わせ、自身も写真家であるご子息の前田晃氏をお招きし、スライドトークショーを開催します。
作品展ではモノクロ写真のみを展示いたしますが、トークショーではカラー写真のスライドを上映し、展示では見ることのできない作品の数々をご覧いただきながら、一番身近でその活躍を見ていた晃氏から見た「父・真三氏」について、たっぷりと語っていただく予定です。


前田 晃(まえだ あきら)
1954年前田真三の長男として東京世田谷に生まれる。中学生の頃から父の撮影に同行。早稲田大学卒業後、(株)丹溪に入社。以後、大半の撮影で助手を努め、さまざまな真三作品のディレクションを担当。1993年頃から独自の撮影活動を開始。写真集に「Intimate Seasons/四季の情景」(講談社インターナショナル)、「春の小川はさらさらいくよ」(ピエ・ブックス)など。2007年拓真館20周年記念写真集「二人の丘」(講談社)出版。2008年7月に富士フイルムフォトサロンにて写真展「見つめる木」開催予定。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●タイトル 前田晃氏 スライドトークショー 「父・前田真三を語る」
●講師 風景写真家 前田晃氏
●開催日時 2008年8月30日(土) 14:00〜16:00(開場13:30)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車5番出口より徒歩3分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 150名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会」、「JCIIフォトサロン友の会」会員は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ