日本カメラ博物館のlogo



マリオ・ディアス スライドレクチャー


 「キューバの現代写真」

2009年11月3日(火・祝) 14:00〜16:00

−開催のお知らせ−



 JCIIフォトサロンでは、来る2009年11月3日(火)から11月29日(日)まで、細江英公&マリオ・ディアス作品展「キューバと日本」を開催いたします。この展示に合わせて、11月3日(祝)にスライドレクチャー「キューバの現代写真」を開催いたします。スライドレクチャーではキューバの代表的写真家であるマリオ・ディアス氏にキューバの現代写真についてお話ししていただきます。

<マリオ・ディアス Mario Diaz>

1979年 プロとしての活動開始。ハバナの様々な雑誌の写真家として、またキューバ、メキシコ、ブラジルで写真のワークショップを主宰し活動を続ける。1994年〜2000年 キューバフォトテカ会長、国家美術評議会メンバー。2003年 世界的に有名なキューバ人写真家アルベルト・コルダ(Alberto Korda) の写真展"Gracias a la Vida" (於イタリアMedieval House)のキュレーターを務める。

<個展>
メキシコ、パリ、ベルリン、ロンドン、ブエノスアイレス、サンパウロ、ニューヨーク、インド、ベトナム、マレーシアなど多数。1997年「1920年から1997年のキューバの写真」参加 於東京工芸大学。2003年 「CUBA SI」個展 於東京工芸大学写大ギャラリー
<受賞>
国家的賞受賞多数。2001年 文化省、国立芸術大学より名誉芸術家賞 。2007年 文化省、芸術大学より特別名誉教授として表彰される。
<コレクション>
キューバ国立美術館、キューバフォトテカ, 作家芸術家同盟、カサ・デ・ラス・アメリカスなど。メキシコ、ニューヨーク、スペイン、ポルトガル、フランス、イタリア、オランダ、オーストリア、ブラジルなど。

開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●タイトル スライドレクチャー 「キューバの現代写真」
●講師 マリオ・ディアス氏
●開催日時 2009年11月3日(火・祝) 14:00〜16:00(開場13:30)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車5番出口より徒歩3分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03-3261-0300
●定員 100名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 無料
 

共催:
協力:
後援:

(社)日本写真協会、(財)日本カメラ財団
(社)日本写真家協会
在日キューバ共和国大使館

ホームページ
JCIIトップページへ