日本カメラ博物館のlogo



鉄道写真活動60周年記念


広田尚敬氏 講演会「SL 〜昭和34年とF〜」

平成22年7月3日(土) −開催のお知らせ−



 JCIIフォトサロンでは、来る2010年6月29日(火)から8月1日(日)まで、広田尚敬作品展「蒸気機関車の時代〜昭和34年とF〜」を開催いたします。

 この展示に合わせて、7月3日(土)に月刊IKKI(小学館)編集長の江上英樹氏と月刊レイル・マガジン(ネコ・パブリッシング)編集長の名取紀之氏をお招きし、広田尚敬氏講演会「SL 〜昭和34年とF〜」を開催いたします。2冊の写真集「昭和三十四年二月北海道」(ネコ・パブリッシング)と「Fの時代」(小学館)の特徴や、撮影エピソード、鉄道写真の上達の秘訣など鉄道写真のプロフェッショナルならではのお話を語っていただく予定です。

広田 尚敬 (ひろた なおたか)
中学3年生から鉄道を撮り始め、今年、鉄道写真活動60周年を迎えた。6社を横断して7冊の記念出版を刊行(出版社を横断の記念出版は前代未聞の初快挙)。うち2冊は若い頃に撮影したモノクローム。高い評価を得て、JCII写真展「蒸気機関車の時代 〜昭和34年とF〜」へ発展した。
1935年東京生まれ、現代の鉄道写真を構築し、トップノッチとして発展させている。

江上 英樹 (えがみ ひでき)小学館 月刊IKKI編集長
熱のこもったレールファンで、仕事にも「鉄」を生かし 「鉄子の旅」「阿房列車」などの漫画化を手がけている。スイッチバックにかけての造詣は深い。60周年「Fの時代」をプロデュース。

名取 紀之 (なとり のりゆき)ネコ・パブリッシング 月刊レイル・マガジン編集長     幼いころからのレールファンで、持てる知識、感性を毎号誌面に生かしている。毎日更新しているブログ「編集長敬白」は一日1万ページビュー以上の人気。昨今はNHKラジオでトークも行っている。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●講師 広田尚敬氏・江上英樹氏・名取紀之氏
●開催日時 2010年7月3日(土) 14:00〜16:00(開場13:30の予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 100名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会」、「JCIIフォトサロン友の会」会員は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ