日本カメラ博物館のlogo


トークショー

土田ヒロミ VS 日本カメラ編集長 前田利昭

<俗神>以降−<砂を数える><パーティー><ヒロシマ>等々を語り合う


平成22年10月9日(土) −開催のお知らせ−



 JCIIフォトサロンでは、来る2010年9月28日(火)から10月31日(日)まで、土田ヒロミ作品展「俗神」を開催いたします。

 この展示に合わせて、10月9日(土)に月刊カメラ雑誌『日本カメラ』編集長の前田利昭氏をお招きし、トークショーを開催いたします。写真集「俗神」(オットーズ・ブックス社)の撮影エピソードや、土田氏の写真観などスライドショーを交えながら語っていただく予定です。

土田ヒロミ(Hiromi Tsuchida)
1939年、福井県に生まれる。日本の土俗的文化、ヒロシマ、高度経済成長などのテーマを通して、変化し続ける日本を撮り続けている。
1971年「自閉空間」で第8回太陽賞、1978年「ヒロシマ1945〜1978〈原爆の子〉の三十余年」で第3回伊奈信男賞、1984年「ヒロシマ」で日本写真協会年度賞、1986年J・C・J奨励賞をそれぞれ受賞。

前田 利昭(Toshiaki Maeda)
月刊カメラ雑誌『日本カメラ』(毎月20日発売)の創刊と同じ年、1950年に生まれる。早稲田大学法学部卒業後、日本カメラ社入社、以後『日本カメラ』誌編集部に在籍。2005年編集長に就任。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●講師 土田ヒロミ氏・前田利昭氏
●開催日時 2010年10月9日(土) 14:00〜16:00(開場13:30の予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 2階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 60名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会」、「JCIIフォトサロン友の会」会員は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ