日本カメラ博物館のlogo



芳賀日出男作品展 「1955−1957 自然と文化 奄美」
関連イベント


芳賀日出男氏講演会

「1955−1957 自然と文化 奄美」を語る

平成23年9月3日(土) −開催のお知らせ−



 JCIIフォトサロンでは、来る2011年8月30日(火)から9月25日(日)まで、芳賀日出男作品展「1955―1957 自然と文化 奄美」を開催いたします。

 この展示に合わせて、9月3日(土)に芳賀日出男氏の講演会を開催いたします。1955年7月から1957年9月まで、奄美の人々の暮らしや仕事、独自の発展をしていた奄美の宗教生活や亜熱帯ならではの文化を写しだした作品群をご覧いただきながら、撮影エピソードや、芳賀氏の写真観などスライドショーを交えて語っていただく予定です。

芳賀日出男(はが ひでお)
1921年、中国大連市に生まれる。41年、慶應義塾大学文学部に入学。ゼミで民俗学者の折口信夫に出会い、影響を受ける。44年、同大学同学部卒業。46年、日本通信社に入社。50年、日本写真家協会創立、入会する。以後日本および世界各地を訪れ、その地方の祭りや民俗等の撮影を中心に活動。
主な出版物に「田の神」「花祭り」「日本の民族 上・下」など多数。
衙Р譽薀ぅ屮薀蝓実緝充萃役、日本写真家協会名誉会員。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●開催日時 2011年9月3日(土) 14:00〜15:00(開場13:30の予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 2階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 60名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会会員」、「JCIIフォトサロン友の会会員」は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ