日本カメラ博物館のlogo



林義勝作品展 「――ちょっと失礼――芸能人100人の顔より '69-'75」
関連イベント


林義勝氏 講演会

――ちょっと失礼――

芸能人100人の顔より '69 -'75

平成24年1月21日(土) −開催のお知らせ−



 JCIIでは、来る2012年1月5日(木)から2月5日(日)まで、林義勝作品展「――ちょっと失礼――芸能人100人の顔より '69-'75」を開催いたします。この展示に合わせて、1月21日(土)にトークショーを開催いたします。林氏が1969年から75年に多くの著名人と出会い撮り続けてきた、厳選したポートレートをご覧いただきながら、撮影エピソードや、林氏の写真観などスライドショーを交えて語っていただく予定です。

林 義勝(はやし よしかつ)
1950年、林忠彦の四男として東京に生まれる。人物写真を主体とし、エディトリアルの分野でも活躍する一方、テーマ写真を得意とし、現在、歴史的背景を織り込んだ日本の原風景および「能」「龍」などの撮影に取り組む。1988年から2年間林忠彦の「東海道」の撮影に同行。

日本写真家協会会員、林義勝事務所・林忠彦作品研究室代表、財団法人観世文庫評議員。

主な写真展に、1974年「ちょっと失礼 芸能人100人の顔」、1977年「中村勘九郎」、1993年〜96年「十二支伝説」(ニューヨーク、シンガポール、マレーシア、台湾などを巡回)、2010年「ゆずり葉」など国内外での写真展多数開催。主な写真集に、「瀬戸内寂聴さんと訪れる京の茶室」(林忠彦共著)、「十二支伝説」、「龍伝説」、「観世宗家能面」(共著)、「東海道の旅」(林忠彦共著)などがある。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
  ●開催日時 2012年1月21日(土) 14:00〜16:00(開場13:30の予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 90名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会会員」、「JCIIフォトサロン友の会会員」は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ