日本カメラ博物館のlogo



薄井大還作品展「素王の人 十二代目市川團十郎―時空の愛 芸の伝承―」

関連イベント


薄井大還 講演会

「素王の人 十二代目市川團十郎」

撮影秘話

平成26(2014)年5月24日(土) −開催のお知らせ−



 JCIIフォトサロンでは、来る2014年4月29日(火・祝)から6月1日(日)まで、薄井大還作品展「素王の人 十二代目市川團十郎―時空の愛 芸の伝承―」を開催いたします。

 この展示に合わせて、5月24日(土)に薄井大還氏の講演会を予定しております。

 薄井氏が実に31年もの歳月をかけて写し続けた、十二代目市川團十郎の観客をひきつける名演の数々や、次代の歌舞伎界を担う息子に芸を伝承していく姿、普段見ることができない楽屋での和やかな雰囲気などを捉えた作品群をご覧いただきながら、当時の撮影エピソードや薄井氏が感じた團十郎さんの人物像についてなどスライドショーを交えて語っていただく予定です。

薄井 大還(うすい たいかん)
1940年、東京都生まれ。東京工芸大学卒、桑沢デザイン卒。小学館写真部(皇室及びファッション担当)を経てパリヘ留学。帰国後ファッション及びコマーシャル写真を手がける。マザー・テレサやダライ・ラマ、ネルソン・マンデラなどノーベル平和賞受賞者や世界の要人を撮り続け、「激動に生きる顔」写真展で日本芸術文化振興基金、韓国国際文化交流基金を受ける。'07〜'11年ダライ・ラマ法王のオフィシャルカメラマンを勤める。著書に、写真集『海老蔵から團十郎へ』(集英社)、『十二代市川團十郎』(マガジンハウス)、『ダライ・ラマ希望のことば』(春秋社)、『ダライ・ラマ法話」(春秋社)、『[謎終焉版]般若心経!羯諦の暗号ここに終わる』(ヒカルランド)、などがある。2013年9月に、作品展「視線の先にあるもの」(JCIIフォトサロン)を展示、収蔵。


開催概要は下記のとおりです。

[開催概要]
●開催日時 2014年5月24日(土) 13:00〜15:00(開場12:30の予定)
●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 JCIIフォトサロンにて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3261−0300
●定員 120名(定員になり次第締め切らせて頂きます)
※座席指定はございません
●受講料 300円(「日本カメラ博物館友の会会員」、「JCIIフォトサロン友の会会員」は無料)

ホームページ
JCIIトップページへ