logo


日本カメラ博物館講演会

カメラと写真の歴史

講師:井口芳夫 (日本カメラ博物館 学芸員)

2017年3月4日(土)午後1時〜3時

−開催のお知らせ−


受講料:300円(友の会会員は無料)

※受講券提示でお一人様一回のみ博物館入館が無料



日本カメラ博物館(館長 森山眞弓)では、2016年11月22日(火)から2017年3月26日(日)まで開催している特別展「日本カメラ博物館コレクション 世界のカメラ100選」にあわせ、2017年3月4日に当館学芸員による講演会「カメラと写真の歴史」を開催いたします。

今回の特別展では、当館が所蔵する2万点を超す収蔵資料から、世界最初の市販カメラ「ジルー・ダゲレオタイプカメラ」から最新のデジタルカメラまで、世界のカメラの歴史において重要な役割を果たした100台のカメラを選び、写真の歴史とともに展示しています。

この講演会は、展示担当者による資料の紹介にくわえ、カメラと写真の歴史の概要について併せて講演するものです。

開催概要は以下のとおりです。

[開催概要]
  ●タイトル 日本カメラ博物館講演会 「カメラと写真の歴史」
●講師 井口 芳夫(いのくち よしお)
日本カメラ博物館 学芸員
●開催日時

2017年3月4日(土曜日)午後1時〜3時(12時30分開場予定)

●場所 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル 6階会議室
(東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車4番出口より徒歩1分)
●応募方法 日本カメラ博物館にて直接受付、または電話にて受付
  お申込み・お問合せ先:03−3263−7110
●定員 70名(座席指定なし・先着順)
●受講料 300円(日本カメラ博物館友の会会員・フォトサロン友の会会員は無料)
 ※受講券提示でお一人様一回のみ博物館入館が無料
 ※当日講演前に博物館ご見学の方は、入館受付時に講演会参加の旨お伝えください