― 写真作家を志す人へ!―

JCII写真作家育成講座

菊池東太写真塾

-- 募集のお知らせ --


 

JCIIフォトサロンでは、2016年4月から9月にかけて、写真家・菊池東太氏を迎え「JCII写真作家育成講座 菊池東太写真塾」を開講いたします。

 この講座は、写真を表現手段として創作活動をする写真作家の育成を目的とするものです。現在、写真撮影は多くの人にとって身近なものですが、一貫したテーマ性をもった写真の創作活動となると、その表現方法は特殊なものといえます。創作の要となるテーマ設定へのアドバイスや撮影方法の伝授、さらには写真家の土田ヒロミ氏と伊藤俊治氏を招いての合評も予定しており、この写真塾ならではの特色ある講義を通して、最終的には個展の開催や写真作家を対象とした各賞の受賞を目指します。菊池氏は講師として28年の経歴を持ち、多くの受講者を個展開催にまで導いてきました。写真作家を志す人にとって多くのことを学べる講座です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 これはプロ・アマを問わない写真作家育成講座です。写真展会場をグループではなく、一人で借り切って展示をしたいという人向けの講座です。生業が何であっても構いません。写真を撮ることが好きで、自分一人で写真展をやってみたい、何度も個展を開いて写真集を出してみたいと思っている人が対象です。写真教育の世界で20年余り教えてきました。生徒たちの写真展の回数も90回を超えました。毎回写真を持ってきてもらい、その写真について一対一で話し合い、納得の上、方向性を決めていくのが私の進め方です。興味のある方は一度講座へ見学においでください。(講師・記)


〈講師略歴〉 
菊池東太(きくち とうた)
1943年大阪生まれ。日本写真家協会会員。日本写真芸術専門学校講師。
【著書】
「ヤタヘェ〜ナバホ・インディアン保留地から」(佼成出版社)、「ジェロニモ追跡」(草思社)、「大地とともに」共著(小峰書店)、「パウワウ アメリカ・インディアンの世界」(新潮社)、「アメリカ」−ワールド・カルチャーガイド- 共著(トラベルジャーナル)
【個展】
1981年「砂漠のひとびと」(ミノルタ・フォトスペース)、1987年「二千日回峰行」(有楽町そごうデパート)、1994年「木造モルタル二階建て」(新宿コニカプラザ)、1995年「アメリカンウエスト〜ミシシッピの西」(新宿・札幌コニカプラザ)、1997年「ヤタヘェ 北米最大の先住民、ナバホの20年」(新宿・札幌コニカプラザ)、2004年「足尾」(銀座・大阪ニコンサロン)「DESERTSCAPE」(コニカミノルタプラザ)、2006年「WATERSCAPE」(コニカミノルタプラザ)、2009年「白亜紀の海」(銀座・大阪ニコンサロン)2013年「DESERTSCAPE2」(コニカミノルタプラザ)、「白亜紀の海2」(新宿ニコンサロン)、2015年「日系アメリカ人強制収容所」(銀座ニコンサロン)、2016年「ナバホ・インディアン」(ギャラリー冬青)

開催期間

 2016年4月〜9月(計19回開催) 原則として毎週金曜日 17:30〜20:00

講師  菊池東太氏(写真家)
定員

 20名を予定 (定員になり次第締切りとなります)

受講料

 100,000円(税込)

申込方法

 電話、またはJCIIフォトサロン窓口にて受付いたします

お問合せ先

 「JCIIフォトサロン」 TEL 03-3261-0300 平日9:00〜17:00 担当:波田野

 

arrowもくじに戻る
ホームページ
JCIIトップページへ