日本カメラ博物館のlogo


日本カメラ博物館ワークショップ


「万華鏡写真の作り方・撮り方教室 」


2012年8月4日(土)開講のお知らせ


日本カメラ博物館では、来る2012年8月4日(土)に、小中学生を対象としたワークショップ「万華鏡写真の作り方・撮り方教室」を開催いたします。

このワークショップは、万華鏡を組み立てて、その映像を見て楽しむだけではなく、お持ちのデジタルカメラで撮影し「万華鏡写真」の作り方を学ぶ講座です。


万華鏡の見え方は、動かし方や中に入れるビーズなどのオブジェクトの形でさまざまに変化しますが、今回はオブジェクトにリバーサルフィルム(スライド写真)なども利用し、万華鏡の映像が美しく変化する 様子を撮影します。また、撮影した写真は、データはもちろんプリントもお持ち帰りいただけます。(L判・1人2〜3枚)

※コンパクトデジタルカメラを各自ご用意ください。(一眼レフカメラには対応していません)
※接写(マクロ)機能付のカメラをご使用ください。(現在発売されているほとんどのカメラに接写機能がついていますが、念のためご確認ください)



タイトル 日本カメラ博物館ワークショップ
「万華鏡写真の撮り方教室」
講師 大関通夫(おおぜき みちお)氏(日本手づくりカメラの会)
開催日程 2012年8月4日(土)午後1時から午後4時(予定)
場所 JCIIビル内会議室、暗室(日本カメラ博物館となり、フォトサロンのあるビル)
アクセス・利用案内 をご覧ください。
応募方法 「日本カメラ博物館」にて直接受付、または電話にて受付(「ホームページで知った」とお申し込みください)
お申し込み先:日本カメラ博物館 電話:(03)3263−7110
受講資格 小・中学生と、その保護者(必ず保護者同伴でご参加ください)
定員 20組40名 (先着順・定員になり次第締め切り)
受講料 500円(税込/万華鏡キット込)



(注意事項)
※ 万華鏡キットは市販製品を使用します。
※ 参加料には、万華鏡キット代、博物館入館料を含みます。(昼食代は含まれません)
※ 詳細な内容は、お申込みいただいた方に後日郵送にてお知らせ致します。
※実習は留意して行いますが、不慮の事故・不可抗力に起因する事故に関して、当館では一切責任を負いません。
※ 受講料はお申し込み後1週間以内に日本カメラ博物館窓口にて直接お支払いいただくか、 当館指定の口座へお振り込み、もしくは現金書留にてお支払いください。
※ 受講料は前払いで、払い戻しは原則として行いません。


ホームページ
JCIIトップページへ