日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 


 4月3日(火)
   〜8日(日)


フォトグループNOMAD

写真展


 昨年「四人展」として開催したグループ展の第2回目で、作品数を増やし名称も改めて開催。古希を過ぎてなお風景写真に情熱を燃やし、デジタル写真を横目で見ながらなおフィルム写真に愛着を持ち撮影した作品、約40点(カラー)を展示。


 4月10日(火)
   〜15日(日)


魂の存在

― 3人のイタリア人によるコラボ ―

 

 


 3人のイタリア人による写真・絵画・版画のコラボレーション作品展。シシリーの自然を心の眼で現す兄(カラー写真・30cm×20cm)。片や、絵画を通し"生きる"を問う弟(油彩他・70cm×40cm)。そして既に重鎮である現代画家、その情熱(版画・70cm×40cm)。三人三様の作品を展示。


 4月17日(火)
   〜22日(日)


鹿沼の観光写真展


 栃木県鹿沼市は、日光例幣使街道の要所として発展し、日光の文化の影響を大きく受けました。鹿沼市の伝統行事や自然景観などを題材に、鹿沼市観光物産協会が主催した写真コンテスト「2006鹿沼の観光写真」に応募された作品の中から、上位に選ばれた入賞作品を発表。日光の彫刻の技を受け継いだ「彫刻屋台」、その屋台が繰り出す「鹿沼ぶっつけ秋祭り」やきれいな清流と自然が残る「古峰ヶ原高原」、「大芦渓谷」など、約45点(カラー)の作品を展示。


 4月24日(火)
  〜5月6日(日)


岩瀬 光 個展

『光と影の写真展』


 東京都立川市で眼科医をしている岩瀬 光が、長年国内外を廻り、撮り貯めた『光と影』の写真展。「逆光」の写真の中に「太陽自身か、その反射光や透過光」と「光を遮るものによってできる深い影」がある。非常に幅の広い、光と色彩の饗宴を表現した作品、約60点(カラー)を展示。

 

開館時間
 10:00〜18:00
入場料
 無料
休館日
 なし
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階


ホームページ
JCIIトップページへ