日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 

 3月1日(火)
  〜6日(日)


第25回 フォトハチ公写真展

「'11 光彩」


 発祥の地"渋谷"に因んで「フォトハチ公会」と名付けたグループの、25回目の写真展。桜井始先生の指導のもと、個性ある写真作りに励んでいる会員有志13名による、風景・花・スナップなどのカラー作品、26点を展示。


 3月1日(火)
  〜6日(日)


第22回 フォトうず潮写真展

「四季の栞」


 昭和63年2月に設立した写真愛好家のグループ、「フォトうず潮」による写真展。写真家桜井始先生の指導の下、風景・花・スナップ等を撮影。各自個性を大切に、種々の分野にわたり取り組んできた作品の中から18点(カラー)を展示。


 3月8日(火)
  〜13日(日)


第8回 HAKUHODO

錦会カメラ倶楽部写真展


 第二の人生を楽しく過ごそうと、博報堂OBで結成されたグループ「錦会カメラ倶楽部」による写真展。各地の風土や風物を求め、美しい情景との出会いに心を躍らせながら撮影したネイチャーフォトを中心に、約60点を展示。


 3月15日(火)
  〜21日(月)


JCIIフォトクリニック

13回 木村惠一ゼミ写真展


 JCIIフォトクリニック・木村惠一教室の受講生19名による、今年で13回目となる年に一度の発表展。風景・スナップなどの作品を各自思い思いの形で展示する。


 3月23日(水)
  〜27日(日)


福嶋武と行った

「中央アジア・シルクロードを往く」
写真展
ウズベキスタン・トルクメニスタン


 かつてホラムズ王国のウズベキスタン・トルクメニスタン二国は、中央アジアのシルクロードとして、中国から遠くイタリア・ローマにシルクを運ぶ中継点で、欧州に絹をもたらした東西文明の十字路であった。中央アジアの真珠ヒヴァのイチャン・カラ、青の都サマルカンド、中央アジアの建築博物館プハラなどのウズベキスタン各地、人口百万を擁したカラクルム砂漠の都市遺跡メルヴ、ニサのバルテア要塞群などのトルクメニスタン各地で、そこに住む人たちにカメラを向けたアマチュアカメラマンによる、グループ写真展。


 3月29日(火)
 〜4月3日(日)


フォトクラブ NOMAD

写真展


 各自それなりの写真歴を持ち、風景写真には一家言持つ男性6人からなるグループが、毎年桜の咲く季節に開く写真展。今年で6回目となる。共通の師を持たず、各自の風景写真への思いを表現した作品、約40点(全紙・半切)を展示。



開館時間
 10:00〜18:00
入場料
 無料
休館日
 なし
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階