日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 

 2月28日(火)
  〜3月4日(日)


第26回 フォトハチ公写真展

「'12 光彩」


 発祥の地"渋谷"に因んで「フォトハチ公会」と名付けたグループの、25回目の写真展。桜井始先生の指導のもと、個性ある写真作りに励んでいる会員有志13名による、風景・花・スナップなどのカラー作品、26点を展示。

 2月28日(火)
  〜3月4日(日)


第23回 フォトうず潮写真展

「四季の栞」

 昭和63年2月に設立した写真愛好家のグループ、「フォトうず潮」による写真展。写真家桜井始先生の指導の下、風景・花・スナップ等を撮影。各自個性を大切に、種々の分野にわたり取り組んできた作品の中から約20点(カラー)を展示。


 3月6日(火)
  〜11日(日)


第9回 HAKUHODO

錦会カメラ倶楽部写真展


 第二の人生を楽しく過ごそうと、博報堂OBで結成されたグループ「錦会カメラ倶楽部」による写真展。定年後の趣味として始めたカメラも今やデジタル一色で、新しい機械(パソコン)と格闘しながら、山紫水明の地を訪ね、花や風景、祭りなど各自好きな題材を、「見る・知る・撮る」の精神で気ままに撮影した作品、約60点を展示。


 3月13日(火)
  〜18日(日)


JCIIフォトクリニック

14回 木村惠一ゼミ写真展


木村教室写真展

 JCIIフォトクリニック・木村惠一教室の受講生約20名による、今年で14回目となる年に一度の発表展。風景・スナップなどの作品を、各自思い思いの形で展示する。


 3月20日(火)
  〜25日(日)


福嶋武と行った

「アッピア街道周辺と
シルクロード終着点ローマを往く」
写真展



「すべての道はローマに通ず。」ローマ街道第一号の完成であり、ローマ帝国の軍需、経済に影響を与えたアッピア街道。尖り屋根のトゥルッリで世界遺産となったアルベロベッロをはじめ、古代ギリシャの植民地で古い町と新しい町が混在するターラント、明るいイタリアの中で灰色の洞窟街マテーラ、世界一美しい海岸線のアマルフィの世界遺産、そしてアッピア街道ローマ市の入口サンセバスティアーノ門や、観光に湧くローマ歴史地区、世界一小さいバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂の文化遺産など、南イタリアの終点ブリンディシとシルクロードの終着点であるローマ間をつなぐ全長550舛離▲奪團街道を旅して撮影した、 アマチュアカメラマンによるグループ写真展。


 3月27日(火)
 〜4月1日(日)


フォトクラブ NOMAD

写真展



 各自それなりの写真歴を持ち、風景写真には一家言持つ男性6人からなるグループが、毎年桜の咲く季節に開く写真展。今年で7回目となる。共通の師を持たず、各自の風景写真への思いを表現した作品、約40点(全紙・半切)を展示。



開館時間
 10:00〜18:00
入場料
 無料
休館日
 なし
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階