日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 

 3月27日(火)
 〜4月1日(日)


フォトクラブ NOMAD

写真展

NOMAD


各自それなりの写真歴を持ち、風景写真には一家言持つ男性6人からなるグループが、毎年桜の咲く季節に開く写真展。今年で7回目となる。共通の師を持たず、各自の風景写真への思いを表現した作品、約40点(全紙・半切)を展示。



 4月3日(火)
  〜8日(日)


JCIIフォトクリニック

第3回 後藤教室
中判カメラ作品展



 JCIIフォトクリニック・後藤九教室の受講生による3回目の写真展。デジタルカメラが主流の今日だが、全員中判カメラにこだわり、各自のテーマをもって対象とじっくり向き合いながら撮影した作品を展示。デジタルとはひと味違う、中判フィルム特有のきめ細やかさを、全紙プリントで表現。


 4月3日(火)
  〜8日(日)


写真の楽しみ方・日曜講座

後藤 九教室 作品展


 朝日カルチャーセンター・日曜講座としてスタートした「写真の楽しみ方」の、第20回目となる作品展。3年前より独立した講座となり、JCIIでは3回目の開催。モノクロフィルム・カラーフィルム・デジタルといった今日の写真表現を活かして、写真を楽しむことを目指した作品を展示。


 4月10日(火)
  〜15日(日)


第7回 菊地教室写真展

菊地クラブ写真


 菊地隆教室の受講生によるグループ展。テーブルフォトや屋外撮影実習で撮った自由課題作品など、一年間の授業を通して取り組んだ受講生の作品、約80点(四切)を展示。



 4月17日(火)
  〜22日(日)


佐藤昭一 写真展 2012

冬ざれ 〜欧羅巴〜


 冬に訪れるヨーロッパはいつも華やかさを削いだ素顔を見せてくれる。葉を落とした街路樹の小枝が繊細なスクリーンをつくり、無骨な石や建物を柔和な表情に変える。春を待つ樹木を透して見る冬のヨーロッパの情景に惹かれ、寒さを忘れて歩き回って撮影した作品、約40点を展示。

 4月24日(火)
  〜4月30日(月)

植田英夫写真展

「雲南鄙街道」

植田英夫

 2001年に初めて中国雲南省を訪れた際に少数民族の魅力に惹かれ、以後毎年のように雲南各地を撮影してきた。その10年間にわたる記録を写真集に纏めた記念として、約50〜60点を展示。



開館時間
 10:00〜18:00
入場料
 無料
休館日
 なし
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階