日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 

2月26日(火)
〜3月3日(日)


第27回 フォトハチ公写真展
「’13 光彩」

第24回 フォトうず潮写真展
「四季の栞」

 


写真教室卒業の有志で結成した「フォトハチ公」「フォトうず潮」二つのグループの合同写真展。多田茂徳先生の指導のもと、個性ある写真作りに励んでいる会員有志による、風景・花・スナップなどのカラー作品、約30点を展示。


2月26日(火)
〜3月3日(日)


角皆尚宏 写真展

「刻の記憶―学び舎の情景―」

 

木造校舎と子供たちをテーマに、日々の学校生活の様子、入学式や卒業式などの行事を撮影し、失われゆく学校の温かな情景を表現した作品、24点(A3サイズ、モノクロ)を展示。


 3月5日(火)
  〜10日(日)


第10回 HAKUHODO

錦会カメラ倶楽部写真展


 第二の人生を楽しく過ごそうと、博報堂OBで結成されたグループ「錦会カメラ倶楽部」による10回目の写真展。フィルムからデジタルへの変化という時代の波に翻弄されながらも、四季に親しみ、旅の良さを味わいながら写真を続けている、平均年齢75歳のメンバーによる作品、約60点を展示。


 3月12日(火)
  〜17日(日)


JCIIフォトクリニック

15回 木村惠一ゼミ写真展



JCIIフォトクリニック・木村惠一教室の受講生16名による、今年で15回目となる年に一度の発表展。風景・スナップなどの作品を、各自思い思いの形で展示する。


 3月19日(火)
  〜24日(日)


島田博写真展
「山に魅せられて Part2」



JASS(日本セカンドライフ協会)で、会社を退職した人々への登山のインストラクターをしている作者が、普段の登山の制約された時間の中で、自然の美しさや可憐な高山植物の美しさを撮影した作品を展示する写真展。今回で3回目となる。トムラウシ、大雪山、北アルプス、南アルプス、屋久島などで四季折々に撮影した作品、50点(第1部:わが心の山30点、第2部:山で出会った高山植物20点)を展示。


 3月26日(火)
  〜31日(日)


フォトクラブ NOMAD

写真展



 各自それなりの写真歴を持ち、風景写真には一家言持つ男性6人からなるグループが、毎年桜の咲く季節に開く写真展。今年で8回目となる。共通の師を持たず、各自の風景写真への思いを表現した作品、約40点(全紙・半切)を展示。



開館時間
 10:00〜18:00
入場料
 無料
休館日
 なし
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階