日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 
 12月2日(火)
  〜12月24日(水)

 ※月曜休館
  10:00〜17:00
渡辺 淳の世界
―スケッチ・静物・広告・報道 ―

JCIIフォトサロンと連動して、独自の境地を開いた渡辺淳の写真世界を概観する。『芸術写真研究』『光大』などを舞台に活躍した彼のオリジナルプリントから、清新な広告写真、洗練された静物写真など約60点と資料を展示。

(※堀市郎の作品展示は、JCIIビル1階のフォトサロンにて同時開催。)

渡辺 淳 (わたなべ じゅん、1897-1990)

1897年  6月16日、千葉県に生まれる。
       中学校の頃、写真を覚えて引伸しの面白さを知る。
       卒業後、東京や英領シンガポールの写真館に勤めて、インドを経て帰国。
1924年  『芸術写真研究』主宰の中島謙吉と出会って作品を寄稿するようになる
       (1970年の終刊まで継続)。
1927年頃 写真通信社ジー・チー・サン商会(東京)に入社。
1928年  「日本光画協会」(〜1934年頃)が創設されて主要作家として活躍。
1932年頃 ジー・チー・サン商会大阪支社勤務となり広告写真などで活躍。
1939年頃 東京のジー・チー・サン商会に戻り、終戦まで勤務。
1945年  サン・ニュース・フォトスに入社。
1947年頃 再興されたジー・チー・サンに移ってコマーシャル写真に携わる。
1957年  日本短波放送嘱託(写真班)となる。
1972年  『芸術写真研究』後継誌の『光大』創刊同人となり、編集兼発行人を終生務める。
1990年  9月11日、逝去。享年93歳。

著作:『複写と接写の実技』(光大社、1941年)、渡辺淳写真画集(渡辺淳写真工房、1971年)。

 



開館時間
 10:00〜17:00
入場料
 無料
休館日
 月曜日 
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階