日本カメラ博物館のlogo




 


会期
タイトル
 
 1月20日(火)
 〜2月1日(日)
第20回
JCIIフォトクリニック写真展

 

 JCIIフォトクリニック各教室(講師:秋山武雄・神吉猛・菊地隆・木村惠一・熊切圭介・児島昭雄・齋藤康一・徳光ゆかり・中谷吉隆・沼田早苗)の受講生らによる、年に一度の発表展。 各自1点、計約200点(カラー・モノクロ)を展示。

 2月3日(火)
  〜8日(日)

「森川二郎の卒寿回顧」
写真展

 平成27年1月で90歳・卒寿になる作者が、写真を始めて25年間、良き師、良き友に恵まれ、楽しく健康な生活を送ることが出来た感謝の気持ちを込めて、過去の自身の作品から選定した作品を展示。
 2月10日(火)
  〜15日(日)

中野F18 
第6回グループ写真展
「それぞれの春・夏・秋・冬」

 日ごろから写真をこよなく愛し、楽しんでいる仲間たち約18名による写真展。「春夏秋冬」それぞれの季節の中で、その時々しか出会えない人や景色、都市の営み、自然の営みなどをとらえた作品、約70点を展示。
 2月17日(火)
  〜22日(日)
NPC 四人展
美しい日本の自然
 ネイチャーフォトクラブは、2004年に風景写真に情熱を燃やす仲間達が設立した写真倶楽部。今回の写真展は、「美しい日本の自然」というテーマに沿って、銀塩フィルムで四季の美しさを表現した作品、40点(半切・全紙)を展示。
 2月26日(火)
  〜3月1日(日)
第29回 フォトハチ公写真展
「’15 光彩」
第26回 フォトうず潮写真展
「四季の栞」
 写真教室卒業の有志で結成した「フォトハチ公」「フォトうず潮」二つのグループの合同写真展。多田茂徳先生の指導のもと、個性ある写真作りに励んでいる会員12名による、風景・花・スナップなどのカラー作品、約30点を展示。
 2月24日(火)
  〜3月1日(日)
冨山真吾 写真展
「祖母の暮らした家」
 ある夏の日、高齢者の1人暮らし、家の老朽化を心配して、祖母の家が取り壊されました。取り壊しの数日前、祖父の眠る墓地へ報告に行くという祖母の悲しそうな後ろ姿を見た時、私はこれから起こる出来事を写真に残そうと思いました。これは家を取り壊すまで1週間の祖母と私の記録です。
(ワイド六切 20点)


開館時間
 10:00〜18:00
入場料
 無料
休館日
 なし
所在地

 東京都千代田区1番町25番地 JCIIビル地下1階