日本カメラ博物館って、どんな博物館?



日本カメラ博物館は、カメラと写真の博物館です。
地下1階のカメラ展示室てんじしつには、幕末ばくまつ江戸時代えどじだいの終わりごろ)の1839年に世界せかいで初めて市販しはんされたカメラ「ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ」から最新式さいしんしきのデジタルカメラまで、日本や外国のカメラがたくさんあります。
日本製にほんせいカメラの歴史れきしをたどる常設展じょうせつてん(いつも展示てんじしてあるもの)では、お父さんやおじいさんと同じ年に生まれたカメラが見つけられるかもしれません。 

ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ
テーマごとの特別展とくべつてん(決まった期間きかんだけ特別とくべつ展示てんじするもの)では、カメラの発達はったつ歴史れきし機能きのうがわかります。ライターやステッキにんだスパイカメラの解説かいせつコーナーや、カメラを半分はんぶんに切ってレンズやボディの内部ないぶが見られるようになっているカットモデルなど、めずらしくて面白おもしろいカメラも展示てんじしています。


JCIIフォトサロン
カメラに興味きょうみをもった後は、写真しゃしん展示室てんじしつのJCIIフォトサロンへ行ってみましょう。すばらしい景色けしきむかしらしなどが写された写真作品の展示てんじは、毎月まいつき内容ないようえていて、作者さくしゃの人がどんなカメラで写したのかもわかるようになっています。
調しらべものをしたくなったらカメラや写真の専門せんもん図書館としょかんJCIIライブラリー(※)に来て下さい。

JCIIライブラリー
そして、自分じぶんでも何かやってみたくなったら、ワークショップに参加さんかして下さい。自由じゆう研究けんきゅうにもぴったりです。

何度なんどてもあたらしい発見はっけんがあるのが、日本カメラ博物館です。お友達をさそって、みんなでカメラ博士はかせになりましょう。

※JCIIライブラリーは専門せんもん図書館としょかんですが、子どもむけの本もあります。18才以上いじょうの方にご利用りよういただいていますので、おとなの人と一緒いっしょて下さい。