日本カメラ博物館のlogo
<---横巾700ピクセルにてご覧ください--->






財団法人日本カメラ財団が主催する「歴史的カメラ審査委員会(委員長:森山 眞弓)」は、2009年の「歴史的カメラ」として、以下の10機種を選定いたしました。

また今回は、1996年までに発売されたデジタルカメラおよびスチルビデオカメラから、歴史的カメラとして別表のとおり14機種のカメラを遡って追加選定いたしました。これは、デジタルカメラが本格的に審査対象とされたのが1997年以降のため、今日のデジタルカメラの動向をふまえて、1996年までに発売されたデジタルカメラ等についても改めて精査する必要があるとの判断から、博物館開館20周年を迎えた今回を節目として、遡って審査・選定したものです。

また、1903(明治36)年〜2003(平成15)年に発売された日本の歴史的カメラを1冊の本にまとめた「日本の歴史的カメラ 増補改訂版」も好評発売中です。
2009年の歴史的カメラに認定した銀塩カメラ(全1機種)
No. 発売日 カメラ名 会社名 ファインダー
型式

感光材料

画面サイズ 選定理由
1

4月24日

フジフイルム GF670 プロフェッショナル
Fujifilm GF670 Professional
富士フイルム 透視 120・220

60×70
60×60

絞り優先AEを可能としたフィルム使用の6×7判蛇腹式フォールディングカメラ。6×6判への切り替えが可能。
2009年の歴史的カメラに認定したデジタルカメラ(全9機種)
No. 発売日 カメラ名 会社名 ファインダー
型式
記録媒体 画素数(万)
素子サイズ
選定理由
2

2月20日

パナソニック ルミックス DMC-FX40
Panasonic Lumix DMC-FX40
パナソニック LCD(2.5型) SD
内蔵(約40MB)
1210
1/2.33型
あらかじめ登録した人物の顔に自動で優先的にピントと露出を合わせる「個人認識」機能を採用。
3

4月24日

パナソニック ルミックス DMC-GH1
Panasonic Lumix DMC-GH1
パナソニック EVF
LCD(3.0型)
SD
1210
4/3型
レンズ交換式デジタルカメラで、ほぼ同じ画角でマルチアスペクト撮影を可能とし、フルHD動画撮影中のAF動作が可能。
4
6月27日
ペンタックス K-7
Pentax K-7

HOYA

一眼レフ
LCD(3.0型)
SD

1460
23.4×15.6(APS-C

撮像素子を回転方向に動かして水平を自動補正する機能を持つ、視野率約100%のデジタル一眼レフカメラ。

5

8月8日
フジフイルム ファインピックス リアル 3D W1
Fujifilm FinePix REAL 3D W1
富士フィルム LCD(2.8型)

SD
内蔵(約42MB)

1000
1/2.3型(×2)

2つの撮像系を装備し、立体写真の撮影のほか、テレ・ワイド同時撮影、2カラー同時撮影、高・低感度同時撮影などが可能。内蔵の3D液晶モニターによりカメラ単体で裸眼による立体映像が鑑賞できる。オプションで8型の3D液晶ビューワーも用意
6
9月16日
ソニー サイバーショット DSC-WX1
Sony Cybershot DSC-WX1
ソニー LCD(2.7型) 各種メモリースティックDuo
内蔵(約11MB)
1020
1/2.4型
裏面照射型のCMOSセンサーを採用したデジタルカメラ。
7

10月16日

ペンタックス K-x
Pentax K-x
HOYA 一眼レフ
LCD(2.7型)
SD

1240
23.6×15.8(APS-C)

3種のレギュラーカラーモデルに加え、ボディ20種類とグリップカラー5色(全9色)を組み合わせてオーダーすることで100種類のカラーパターンが選択可能なデジタル一眼レフカメラ。

8

10月23日
ニコン クールピクス S1000pj
Nikon COOLPIX S1000pj

ニコン

LCD(2.7型) 各種メモリースティックDuo
内蔵(約11MB)

1210
1/2.3型

世界初のプロジェクター内蔵デジタルカメラ。

9

11月27日

ニコン D3s
Nikon D3s
ニコン 一眼レフ
LCD(3.0型)

CF

1210
約36×23.9

常用感度ISO200〜12800、最高感度ISO102400で撮影可能なデジタル一眼レフカメラ。

10

12月18日
リコー GXR
Ricoh GXR
リコー EVF
LCD(3.0型)

SD

・1000、1/1.7型
(24-72ミリ)
・1230、23.6×15.7
(APS-C、50ミリ)

レンズ、撮像素子、画像処理エンジンを一体化し、交換可能としたデジタルカメラ。カメラユニットにより異なるサイズの撮像素子を採用。
 
 
追加選定 1996年までに発売された日本の歴史的カメラ【スチルビデオカメラ・デジタルカメラ】(全14機種)
No. 発売日 カメラ名 会社名 ファインダー
型式
記録媒体 画素数(万) 選定理由
1

1987年11月30日

カシオ VS-101
Casio VS-101
カシオ計算機 透視 2インチFD
28
一台で録画、再生が可能な一般ユーザー向けスチルビデオカメラ。

2

1988年12月

コニカ スチルビデオカメラ KC-300
Konica Still Video Camera KC-300
コニカ
(現コニカミノルタ)
透視 2インチFD
30
ポップアップファインダー採用。20・6・2コマ/秒の連写機能。
3
1988年12月15日
キヤノン フロッピーカメラ Q-PIC RC-250
Canon Floppy Camera Q-PIC RC-250

キヤノン

透視 2インチFD

19

録画、再生、消去機能を一体とした一般ユーザー向けスチルビデオカメラ。低価格設定やアクセサリー展開を行い注目を集めた。
4

1988年12月中旬

ソニー スチルビデオカメラレコーダー マビカ MVC-C1
Sony Still Video Camera Recorder Mavica MVC-C1
ソニー 透視 2インチFD
28
撮像素子にMOSを使用し、一般ユーザー向けに発売されたスチルビデオカメラ。
5

1995年2月15日

ニコン デジタルスチルカメラ E2
Nikon Digital Still Camera E2
ニコン 一眼レフ PC
140
デジタル専用設計のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラとして初めての製品。縮小光学系を設けて35ミリ判と同じ画角で撮影が可能。富士写真フイルムと共同開発。
6

1995年2月15日

フジックス デジタルカードカメラ DS-505
Fujix Digital Card Camera DS-505

富士写真フイルム
(現富士フイルム)

一眼レフ PC

140

デジタル専用設計のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラとして初めての製品。縮小光学系を設けて35ミリ判と同じ画角で撮影が可能。ニコンと共同開発。
7

1995年3月10日

カシオ QV-10
Casio QV-10
カシオ計算機 LCD 内蔵
25
ファインダー兼用の液晶モニターとレンズ部回転機構を備えたデジタルカメラ。当時としては画期的な低価格で発売され、その後のデジタルカメラ普及に大きく貢献した。
8

1995年4月20日

リコー DC-1
Ricoh DC-1
リコー 透視 PC
41
静止画像のほか、1シーン5秒の動画と音声が記録可能なデジタルカメラ。普及型デジタルカメラとして初めて機械式シャッターを採用した。
9

1995年10月16日

ミノルタ デジタルカメラ RD-175
Minolta Digital Camera RD-175
ミノルタ
(現コニカミノルタ)
一眼レフ PCカード規格HDD
175
38万画素のCCDを3枚使い、画素ずらし方式により175万画素の合成画素数を達成したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。

10

1995年12月20日

キヤノン EOS・DCS1 デジタルカメラ
Canon EOS・DCS1 Digital Camera
キヤノン 一眼レフ PC
600
1ショットで600万画素の画像が撮影可能な一眼レフデジタルカメラ。ベースボディには「キヤノンEOS-1N」を使用。
11
1996年7月上旬
キヤノン パワーショット 600
Canon PowerShot 600

キヤノン

透視

PC、内蔵

57

57万画素の1/3インチCCDを採用したデジタルカメラ。
12

1996年7月12日

フジフイルム クリップ・イット DS-7
Fujifilm CLIP-IT DS-7 
富士写真フイルム
(現富士フイルム)
LCD SM
35
記録媒体にスマートメディアを使用し、VGA記録を可能とした初めてのデジタルカメラ。
13

1996年10月10日

ソニー DSC-F1 (サイバーショット)
Sony DSC-F1 (CyberShot)
ソニー LCD 内蔵
35
フラッシュ発光部と一体化したレンズユニットを持つデジタルカメラ。赤外線による画像転送が可能。「サイバーショット」として人気を博した。
14
1996年11月20日
コニカ デジタルカメラ Q-EZ
Konica Digital Camera Q-EZ

コニカ
(現コニカミノルタ)

透視 ミニチュアカード

35

記憶媒体にインテル社開発のミニチュアカードを採用。


リストについて
・ファインダー形式:「透視」=光学式透視ファインダー 「LCD」=液晶モニター 「EVF」=電子ビューファインダー
・カッコ内は液晶モニターの画面サイズです。
・記憶媒体:「FD」=フロッピーディスク 「PC」=PCカード 「SM」=スマートメディア 「CF」=コンパクトフラッシュ(type機↓凝含む) 「SD」=SDメモリーカード(SDHC、MMC等含む) 「内蔵」=内蔵メモリー
・動画記録を主とした機種、スタジオ用デジタルバックなどはのぞきます。また会社名から「株式会社」は省略させていただきました。


arrow日本の歴史的カメラ もくじに戻る
ホームページ
JCIIトップページへ