日本カメラ博物館のlogo
<---横巾700ピクセルにてご覧ください--->



2014年


一般財団法人日本カメラ財団が主催する「歴史的カメラ審査委員会(委員長:森山 眞弓)」は、2016年の「歴史的カメラ」として、以下の9機種を選定いたしました。

「歴史的カメラ」とは、日本のカメラの発展の歴史を永く世に留めるために選定するものです。
 「技術史的に意義のある日本最初の試みがなされているもの」もしくは「市場において特に人気を博するなど、歴史的にみて意義のある」とみなしうる国産カメラを、中立的な立場にある専門家や学識経験者から構成される「歴史的カメラ審査委員会」によって、一年間に発売された新商品すべてを対象として審査・選定しています。

1903(明治36)年〜2003(平成15)年に発売された日本の歴史的カメラを1冊の本にまとめた「日本の歴史的カメラ 増補改訂版」、2004(平成16)〜2008(平成20)年に発売された日本の歴史的カメラを1冊の本にまとめた「日本の歴史的カメラ 増補版(2004〜2008)」も好評発売中です。
2016年の歴史的カメラに選定したカメラ(全9機種)
発売日 カメラ名 会社名 ファインダー
型式
記録媒体
フィルム
画素数(約)
サイズ
選定理由

2/19

ソニー サイバーショット RX1R

ソニー

EVF
LCD(3.0型)

SD
各種メモリースティックDuo

4240
35.9×24.0ミリ
CMOS

世界で初めて液晶で光学ローパスフィルター効果を調節できる35ミリ判フルサイズセンサーを備えたコンパクトデジタルカメラ。

3/26

ニコン D5

ニコン

一眼レフ
LCD(3.2型)

XQD
CF

2082
35.9×23.9ミリ
CMOS

中央-4EV、その他のポイントで-3EVまで対応する153点AFセンサーや、AF・AE追従で毎秒12コマの高速連写、常用最高感度ISO102400、拡張感度ISO3280000相当など、様々な撮影条件に対応する機能を備えた35ミリ判フルサイズ撮像素子のデジタル一眼レフカメラ。

4/28

キヤノン EOS−1D X Mark

キヤノン 一眼レフ
LCD(3.2型)
CF
CFast

2020
35.9×23.9ミリ
CMOS

フルサイズ機で初めて「デュアルピクセルCMOS AF」を採用し、AF・AE追従で毎秒約14コマの高速連写や、レンズの各種収差やローパスフィルターの影響などをカメラ内で補正できる光学特性補正機能(デジタルレンズオプティマイザ)を備えたデジタル一眼レフカメラ。

4/28

ペンタックス
K-1

リコー 一眼レフ
LCD(3.2型)
SD×2

3640
35.9×24.0ミリ
CMOS

フルサイズ機で初めてボディ内5軸手ぶれ補正機構を採用し、自由なアングルが可能なフレキシブルチルト式液晶モニターや、ボディ各所にLEDを配し操作部を照らす機能を備えた、デジタル一眼レフカメラ。

7/7

シグマ sd クアトロ

シグマ EVF
LCD(3.0型)
SD

2951
23.4×15.5ミリ
CMOS

Foveonクアトロイメージセンサーを備えたノンレフレックス(ミラーレス)デジタルカメラ。
9/8

フジフイルム X−T2

富士フイルム EVF
LCD(3.0型)

SD×2

2430
23.6×15.6ミリ
CMOS

被写体の動きに合わせて「被写体保持特性」「速度変化特性」被写体の動きに合わせて「被写体保持特性」「速度変化特性」「ゾーンエリア特性」の3要素を細かく設定することができるようにする「AF-Cカスタム設定」など、動体追従性能、AF機能を強化し、初めて3方向チルト式液晶モニターを備えたノンレフレックス(ミラーレス)デジタルカメラ。
11/25

ソニー α99

ソニー EVF
LCD(3.0型)

SD
各種メモリースティックDuo

4240
35.9×24.0ミリ
CMOS

79点の位相差AFセンサーと399点像面位相差AFセンサーが同時に駆動する「ハイブリッド位相差検出AFシステム」を備え、4240万画素フルサイズ撮像素子でAF・AE追従毎秒12コマの高速連写が可能なレンズ交換式デジタルカメラ。
12/20

シグマ sd クアトロ H

シグマ EVF
LCD(3.0型)
SD

3861
26.7×17.9ミリ
CMOS

APS-HサイズのFoveonクアトロイメージセンサーを備えたノンレフレックス(ミラーレス)デジタルカメラ。

12/22

オリンパス OM−D E−M1 Mark オリンパス EVF
LCD(3.0型)

SD×2

2037
4/3型
Live MOS

121点オールクロス像面位相差AFを備え、AF・AE追従で毎秒最高約18コマ、固定で毎秒最高60コマの高速連写が可能なノンレフレックス(ミラーレス)デジタルカメラ。


リストについて

選定機種リストは順位を表すものではなく、発売日順です。選定されたカメラに順位はありません。

ファインダー形式:
「一眼レフ」=一眼レフファインダー 「LCD」=液晶モニター  「EVF」=電子ビューファインダー

記憶媒体:
「CF」=コンパクトフラッシュ(type機↓凝含む)、
「CFast」=CFastカード、「SD」=SDメモリーカード(SDHC、SDXC、MMC等含む)
「XQD」=XQDメモリーカード、「内蔵」=内蔵メモリー

画素数は有効画素数、単位は「万画素」です。

動画記録を主とした機種、スタジオ用デジタルバックなどはのぞきます。またメーカー名から「株式会社」は省略させていただきました。
2001年7月より画素数表記について有効画素数を第一に表記することに制定。(日本写真機工業会・現CIPA)
カメラ名及びメーカー名は発売時の名称です。

歴史的カメラ審査委員 (五十音順・敬称略)
森山 眞弓 日本カメラ財団(委員長)
市川 泰憲 写真技術研究家
河田 一規 カメラ評論家、写真家
河野 和典 カメラ評論家
豊田 堅二 カメラ評論家
中村 文夫 カメラ評論家
萩原 史郎 写真家
山本 晃 東京工芸大学名誉教授

arrow日本の歴史的カメラ もくじに戻る
ホームページ
JCIIトップページへ