日本カメラ博物館のlogo


日本カメラ博物館特別展

「20世紀を撮った冩眞機」


展示予定
 日本カメラ博物館(館長:森山 眞弓(財団法人日本カメラ財団理事長))では、平成12(2000)年4月4日(火)から10月15日(日) までの期間、

特別展「20世紀を撮った冩眞機(しゃしんき)」

を開催いたします。

 19世紀前半の天保10(1839)年に発売された「ジルー・ダゲレオタイプ・カメラ」によって写真術が紹介されたとき、カメラはもっぱら一部のひとびとの趣味や商売のためのものでした。
 20世紀初頭の明治36(1903)年に、日本最初のアマチュア向け量産カメラ「チェリー手提暗函」が登場し、その後カメラは急速に普及しました。
 20世紀の特徴である情報やメディアの発展は、その多くを写真が持つ記録性によって担われたともいえます。
 20世紀が終わろうとしている現在、画像を記録する媒体は銀塩方式だけでなくデジタル方式も加わり、さらに大きな広がりをみせています。
 銀塩であれ、デジタルであれ、記録媒体は異なっても、画像情報としての写真と、その写真をつくるための道具であるカメラとの関係は今後も変わらず、ますますわたしたちの生活に欠かせないものになるでしょう。

 今回の特別展では、20世紀のカメラをふり返る12のテーマを設定し、カメラは約 150 点を展示いたします。

● 20世紀のカメラをふり返る12のテーマ

  1. 10台のカメラでみる20世紀のカメラ
  2. 外国製カメラに範をとったカメラ
  3. 各時代で話題になったカメラ・各時代にみる高級カメラ
  4. デザインで評価されたカメラ
  5. カラーバリエーション
  6. 日本製の海外ブランドカメラ
  7. 映画などに登場したカメラ
  8. 若年層向け・人々を写真に導いたカメラ
  9. 特殊用途カメラ
  10. インスタントカメラ
  11. レンズ付きフィルム
  12. デジタルカメラ

● 展示予定機種より

  • 「ニコン D1」(平成11(1999)年)
  • 「ミノルタ α-7000」(昭和59(1984)年)
  • 「オリンパス ペン」(昭和34(1959)年)
  • 「スーパーイコンタB」(昭和10(1935)年)
  • 「ライカ DIII」(昭和8(1933)年)
  • 「ローライフレックス スタンダード」(昭和7(1932)年)
  • 「チェリー手提暗函」(明治36(1903)年)

タイトル 日本カメラ博物館特別展「20世紀を撮った冩眞機」(展示資料:約 200 点)
開催期間 平成12(2000)年4月4日(火) 〜10月15日(日)
常設展等 常設展として「日本の歴史的カメラ」約 300 点も展示
「日本カメラ新製品コーナー」の展示も併催
開館時間 10:00〜17:00
休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)および年末年始など当館が定める休館日
入館料 一般 300 円、小・中学生 100 円
団体割引(10名以上)一般 200 円、小・中学生 50 円
所在地 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(地下1階)

*文中の会社名、製品名は、各社の商標、登録商標です。
*文中敬称略。

ホームページ
JCIIトップページへ