日本カメラ博物館のlogo

日本カメラ博物館特別展

「ジッツオ90周年展」

開催期間:2007年10月23日(火)〜12月24日(月・祝)


日本カメラ博物館では、来る2007年10月23日(火)より、ボーゲンイメージング株式会社と協力し、設立から90周年を迎える「ジッツオ」の特別展示を行います。

ジッツオ社は1917年フランスのアルセーヌ・ジッツホーベンによって設立されたのが始まりです。現在はプロ用三脚メーカーとして知られていますが、当初は機械式シャッターやフィルムパックなどを製造していました。1950年代に入りカメラ用三脚の製造をスタートしてからは堅牢で信頼性の高い製品を作り続け、1994年には世界初のカーボン製三脚を発売、2003年には初のバサルトファイバー製三脚を発売するなど現在でも進化を続けており、世界中で多くの写真家に愛用されています。

今回の展示では、ジッツオ社の歴代三脚やカタログなどの資料のほか、現行製品に触れられる体験コーナー、あまり知られていない「ジッツオ製シャッター」や「3Dイメージビューワー」などの珍しい初期製品をご覧いただき、「ジッツオ」の歴史を紹介いたします。


タイトル 「ジッツオ90周年展」
開催期間 2007年10月23日(火)〜12月24日(月・祝)
出品点数 約50点(三脚、アクセサリー、その他資料等)
常設展等 常設展として「日本の歴史的カメラ」約300点も展示
※博物館展示スペースの一角を日本の各メーカーに提供する「メーカーコーナー」の展示も開催
開館時間 10:00〜17:00
休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
年末年始 2007年12月28日(金)〜2008年1月6日(日)
※2008年1月7日(月)は開館

入館料 一般 300 円、中学生以下 無料
団体割引(10名以上)一般 200 円
所在地 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(地下 1 階)
交通機関
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 5 番出入口より徒歩 2 分
※ 2006年8月1日より、 4 番出口は工事のため通行できません。
東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四 =晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
JR東京駅からは、東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。

※詳細は「アクセス・利用案内」のページをご覧下さい。
日本カメラ博物館の地図


*文中の会社名、製品名は、各社の商標、登録商標です。
*文中の製品名は、各社の正式な社名、商号と必ずしも一致いたしません。

ホームページ
JCIIトップページへ