日本カメラ博物館のlogo

日本カメラ博物館特別ミニ展示コーナー


カメラ修理職人・直井浩明氏の手づくりカメラ」

開催期間:2010年4月13日(火)〜6月20日(日)

好評につき会期延長!



日本カメラ博物館では、ナオイカメラサービス・直井浩明氏による改造カメラ・手づくりカメラを、4月13日(火)より6月20日(日)まで特別ミニ展示として開催いたします。

直井氏は長年東京・日本橋でカメラ修理業を営んでいました。また、『国産カメラ図鑑』(1985年 朝日ソノラマ刊)の編集にも、すぎやまこういち氏らとともに名を連ねています。

今回紹介するカメラは、本業の傍らに趣味として製作し続けた改造カメラと手づくりカメラです。ベースとした市販カメラの特徴を残したまま、ひと目見ただけでは市販製品かと思わせるような作り方や、レンズやシャッターが複雑に連動して動くステレオカメラ、板金ボディ同士を結合させたカメラなど、技術的に見どころのあるカメラの数々を展示いたします。

カメラ修理の腕を遺憾なく発揮した独創的な品々をご覧ください。

 






直井 浩明 氏

昭和11年11月27日生まれ。
昭和57年4月、日本橋人形町で「ナオイカメラサービス」を開業。(※現在は休業中)
カメラの修理業を営むとともに、その技術と経験を活かして数々の手づくりカメラを製作した。

 

タイトル 「カメラ修理職人・直井浩明氏の手づくりカメラ」
開催期間 2010年4月13日(火)〜6月20日(日)
出品点数 約20点
開館時間 10:00〜17:00
休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)

入館料 一般 300 円、中学生以下 無料
団体割引(10名以上)一般 200 円
所在地 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(地下 1 階)
交通機関
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 4番出入口より徒歩 1分
東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四 =晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
JR東京駅からは、東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。

※詳細は「アクセス・利用案内」のページをご覧下さい。
 


*文中の会社名、製品名は、各社の商標、登録商標です。
*文中の製品名は、各社の正式な社名、商号と必ずしも一致いたしません。

ホームページ
JCIIトップページへ