日本カメラ博物館のlogo

日本カメラ博物館 特別展

日本カメラ博物館コレクション

世界のカメラ100選


開催期間:2016年11月22日(火)〜2017年3月26日(日)


3月20(月・祝) 15:00〜 約30分間
当館学芸員が常設展・特別展を分かりやすく解説するフロアレクチャーを開催

世界のカメラ100選

(左から)
上段:ドッペル・スポルト(1908年)、シグリスト9×12(1898年)、サンダーソン(1901年)、ベストポケットコダック(1912年)
中段:ライカ0(1923年頃)、ジルー・ダゲレオタイプカメラ(1839年)、レチナ タイプ117(1934年)、ステレオリアリスト(1947年)
下段:フォクトレンダー・ズーマー(レンズ・1959年)、ローライ35(1966年)、写ルンです(1986年)、ソニーα7S(2014年)

 

日本カメラ博物館(館長 森山眞弓)では、2016年11月22日(火)から2017年3月26日(日)まで、特別展「日本カメラ博物館コレクション 世界のカメラ100選」を開催します。

日本カメラ博物館を運営する日本カメラ財団(JCII)は、かつて日本製カメラの輸出検査を手がけていました。その間に、各メーカーから寄贈された資料をもとにして、1989年に「日本カメラ博物館」を開設いたしました。

日本カメラ博物館の主要コレクションのひとつが「日本の歴史的カメラ」です。これは、世界初または日本初の機構を備えたカメラや、市場において特に人気を博した日本のカメラを選定し、収蔵、展示するもので、日本の優れたカメラ技術を広く紹介するとともに、技術遺産として後世に伝える重要な役割を担っています。

また、収蔵品は日本製カメラばかりでなく、諸外国のカメラにも及び、各国の資料館や著名なコレクターとの交流のなかでコレクションを継承するなど、貴重なカメラを多数所蔵しています。
このほか、1981年に発表された世界初の電子スチルビデオカメラ試作機「マビカ」に始まるデジタルカメラも系統的に収蔵するなど、最も古いカメラから最新のデジタルカメラまで通覧できる、世界でも唯一のカメラ博物館です。

今回の特別展では、日本カメラ博物館の約2万点のコレクションから、世界初の機構を備えた技術的に意義の高いカメラや、ユニークなデザインをもつカメラなど、100台を厳選し、歴史を追って展示いたします。

 

● 展示予定より


■ジルー・ダゲレオタイプカメラ
1839年 フランス
世界で最初に市販されたカメラ

■シグリスト 9×12
1898年 フランス
高速が可能な特殊シャッターを装備したカメラ

■サンダーソン
1901年 イギリス
操作部が拡大し、表現領域を高めたカメラ

■ドッペル・スポルト(鳩カメラ)
1908年 ドイツ
鳩に装着して空から地上を撮影するカメラ

■ベストポケットコダック
1912年 アメリカ
アマチュア向けに大量に製造販売されたカメラ

■ライカ0
1923年頃 ドイツ
後のライカの基礎となる試作機

■レチナ タイプ117
1934年 ドイツ
世界で最初に市販されたカメラ

■ステレオリアリスト
1947年 アメリカ
立体写真を広く普及させたステレオカメラ

■フォクトレンダー・ズーマー(レンズ)
1959年 ドイツ
スチルカメラ用として世界初のズームレンズ

■ローライ35
1966年 ドイツ
沈胴式の小型レンズシャッター式カメラ

■フジカラー スーパーHR100 写ルンです
1986年 日本
簡易型の撮影機能を装備した撮影装置

■ソニーα7S
2014年 日本
サイズセンサーの高感度対応ノンレフレックスカメラ

 




(展示予定機種は変更される場合があります)



※ここに記載したカメラ名は展示予定機種の一部です。
タイトル 日本カメラ博物館 特別展
「日本カメラ博物館コレクション 世界のカメラ100選」
開催期間

2016年11月22日(火)〜2017年3月26日(日)

展示品

世界初の機構を備えた技術的に意義の高いカメラや、ユニークなデザインのカメラなど、カメラ史における重要な世界の歴史的カメラ100点を展示。

関連イベントなど


当館学芸員が常設展・特別展を分かりやすく解説するフロアレクチャーを開催
(ご参加には、博物館入館料300円がかかります。
予約は必要ありません。時間までに博物館内でお待ち下さい)

◆3月4日(土) 13:00〜15:00
講演会「カメラと写真の歴史」

講師:井口芳夫(日本カメラ博物館 学芸員)

常設展等 常設展として、「日本の歴史的カメラ」約300点、「ライカコーナー」、「カメラのおもちゃコーナー」、「カメラ体験コーナー」、「分解パネルコーナー」などを展示
開館時間 10:00〜17:00
※12月3日(土)のみ設備点検のため午前11時〜午後5時
休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日の火曜日)
年末年始休館 2016年12月26日(月)〜2017年1月4日(水)

入館料 一般 300 円、中学生以下 無料
団体割引(10名以上)一般 200 円
所在地 102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(地下 1 階)
交通機関
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1分
東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四 =晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
JR東京駅からは、東京メトロ丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。

※詳細は「アクセス・利用案内」のページをご覧下さい。
日本カメラ博物館の地図

*文中の会社名、製品名は、各社の商標、登録商標です。
*文中の製品名は、各社の正式な社名、商号と必ずしも一致いたしません。

ホームページ
JCIIトップページへ