日本カメラ博物館のlogo

日本カメラ博物館 開館20周年特別企画


「PASSED エコバッグ」

2009年9月15日(火)〜 発売

表面                    裏面

 日本カメラ博物館(館長 森山眞弓)は、開館20周年特別企画として、2009年9月15日(火)からオリジナル・エコバッグを発売します。このバッグは、日本写真機検査協会(現日本カメラ財団=JCII)が日本製カメラの品質の高さを世界にアピールするため、アメリカの写真雑誌『POPULAR PHOTOGRAPHY』1955年1月号に日本写真機工業会(現カメラ映像機器工業会=CIPA)、通商産業省(現経済産業省)と共同で掲載した広告デザインを復刻したものです。

 表面には、"HOW DO YOU MEASURE QUALITY?"(あなたはどのようにカメラの品質を判別しますか?)のキャッチコピーとともに、JCIIの輸出検査合格証であるオレンジ色の「PASSED」ラベルがシンボリックに描かれています。また 裏面には"JCII CAMERA MUSEUM"のロゴがプリントされています。
 1950年代のアメリカに向けたイラストはポップで親しみやすく、またシンプルなデザインなので普段使いのバッグとしても充分にお使いいただけます。また、小さく折りたためばカメラバッグなどにしのばせておくことも可能です。

 素材はやや厚手の綿で色は生成り、サイズは幅400×高さ300×奥行き120ミリのトートバッグ型で、肩掛けも可能です。価格は1,000円(日本カメラ博物館・JCIIフォトサロン友の会会員は900円)(税込)で、日本カメラ博物館、JCIIフォトサロンにて直接販売、または通信販売をご利用ください。

※ お問い合わせは、日本カメラ財団 総務部 03-3263-7111まで。(平日9:00-17:00)