日本カメラ博物館のlogo

The 1st Non-stop Transpacific Flight, 1931


栗原達男 写真展 「1931年・太平洋を越えた翼」


Image
1931年(昭和6年)10月4日朝、淋代海岸で子供のころに
“ミス・ヴィードル”の出発を見送った人たち。左より月館八郎
さん、根城インさん、月館文四郎さん。小学校は休みになり
子供たちは滑走路整備を手伝ったり、リンゴの差し入れをし
たりした。


 JCIIフォトサロンでは、4月29日(火)から6月1日(日)まで、

栗原達男写真展「1931年・太平洋を越えた翼

を開催いたします。

今回の展示では、栗原氏が入念な取材で辿った、太平洋初飛行横断のドキュメンタリーをご紹介します。

 ライト兄弟の飛行機発明の24年後、1927年5月、リンドバーグによるニューヨークからパリの大西洋横断は、映画『翼よあれがパリの灯だ』で広く知られていますが、大西洋より広い太平洋を初めて越えたのは意外に知られていません。

 1931年10月、アメリカ人パイロット、パングボーンとハーンドンの2人が操縦する“ミス・ヴィードル”が、青森県淋代海岸からワシントン州ウェナッチー市まで7,982劼41時間13分かけて飛んだのが太平洋横断の最初です。リンドバーグよりも2,000辧¬8時間も長い世界記録でした。それが余り知られていないのは、当時昭和6年という日米関係が悪化し始めたことや、日本の田舎町の海岸からアメリカの田舎町の丘までという、まさにローカルからローカルへの飛行ということなどが原因でした。

 青森県三沢村は村人総出で松板を敷き始動滑走路を造り、少女たちは青森県特産のリンゴや浜ゆりをおみやげに渡しました。そして紅の翼はヨロヨロと飛び立ち、ウェナッチー市に決死の胴体着陸を果たしたのです。後日、ウェナッチーから淋代にワシントン州特産リンゴの苗木が送られ、現在も青森県に根付いて人々に昔日の偉業を伝えています。

 栗原氏は、昨年“ミス・ヴィードル”が地元民の熱意で復元中であることを知り、この埋もれてきたチャレンジ・ストーリーを取材撮影することにしました。今回の写真展では、氏が淋代海岸やウェナッチーを訪れて撮影した“ミス・ヴィードル”にまつわる場所や、当時出発を見送った人々、復元機を製作するボランティアスタッフなど約90点(全モノクロ)を展示します。

 


● 栗原 達男 (くりはら たつお)

 1937年東京・向島生まれ。1961年早稲田大学政経学部卒業、朝日新聞出版写真部勤務。1962年「土俵をおりた松登」「下町に生きる人々」などの取材に対し日本写真協会新人賞受賞。1967年フリーとなりヨーロッパ3万キロドライブ、沖縄取材、世界・日本の炭鉱取材、アメリカ縦横断、全東欧など、テーマを深く掘り下げ激動する世界を捉えるドキュメンタリー写真家として活躍。テレビのニュース・ドキュメンタリー番組のリポートも行う。日本写真家協会会員。著書に「オキナワ 1961〜1970」「名作ひとり旅」「合衆国USA/縦横16000キロ」「フランクと呼ばれた男/西部の写真家 松浦栄の奇跡」など多数。

● 写真展関連イベント

   写真展開催期間中に、展示テーマにあわせた関連イベントを開催いたします。
  • 栗原達男 トークの会
     開催日時:5月17日(土)14時〜16時 JCIIビル2F
        「日米のチャレンジャー」 ‐イチローと松浦栄とアメリカ人パイロットと‐
            現在大リーグで活躍中のイチロー、100年前単身アメリカに渡った写真
            家松浦栄、そして今回の展示に登場する2人のアメリカ人パイロットな
            ど、チャレンジャーたちの心を語ります。
    ※聴講料無料、要予約(電話受付・03-3261-0300)


ホームページ
JCIIトップページへ