日本カメラ博物館のlogo


青木 勝 作品展  「JET JET JET 
1969−1975




ボーイング707 羽田 1973年



 JCIIフォトサロンでは、来る2004年8月31日(火)から9月26日(日)まで、青木勝作品展「JET JET JET 1969−1975」を開催いたします。

 青木氏は35年間にわたり旅客機を専門に撮り続けている写真家です。フリーランスとなるまでは飛行機を被写体として意識はしていませんでしたが、航空会社から仕事を依頼されたのがきっかけで、手探りの状態から撮影するようになります。当時わずかに撮られていた飛行機の写真は、報道写真か、航空機メーカーから配られたカタログ写真だけで、手本とするものもなく、自分の感性から涌き出るイメージだけを頼りに作品を作り上げてゆきました。

 今回の作品展では、わが国初の旅客機YS−11、「ジャンボ」の愛称で親しまれているボーイング747、ジェット旅客機創世時代を支えたボーイング707やDC−8、現在は生産が終了しているボーイング727やロッキードL−1011トライスターなど、日本の航空機輸送が急発展を遂げる1969年〜1975年に撮影された作品約60点(全作品モノクロ)を展示します。

 大量輸送が可能な機種が登場し始め、日本全国に空港が次々と開港するなど、旅客機が一般的になる転換期の真っ只中に撮影された作品からは、ジェット機の力強い姿と共に人々の大空への憧れを感じ取ることができます。




●青木 勝 (あおき かつ)

1944年 埼玉県生まれ。1966年 東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業。同年、スポーツニッポン新聞東京本社写真部入社。1968年 スポーツニッポン新聞東京本社を退社してフリーランス写真家となる。1970年 日本航空の嘱託カメラマンとして、飛行機写真を撮り始め、以後グラフ誌を中心に海外紀行や飛行機の記事と写真を発表、航空専門誌や写真雑誌の連載等のほか、ビデオ映像の企画、撮影、監修などにも携わる。
著書に『ヒコーキを撮ろう』(朝日ソノラマ)、写真集『JET JET JET』(スポーツニッポン新聞社)、『AIRLINERS−青木勝の旅客機の世界−』(イカロス出版)、『YS−11名機伝説』(講談社)、CD−ROM作品集『旅客機の世界』(シンフォレスト)などがある。
(社)日本写真家協会会員、航空ジャーナリスト協会会員、日本旅行作家協会会員、(財)日本航空協会評議員、(社)日本航空機操縦士協会顧問、東京工芸大学非常勤講師、自家用操縦士



ホームページ
JCIIトップページへ