日本カメラ博物館のlogo
 


風見武秀 作品展

「日本アルプス−厳しい自然に抱かれた世界−






                        残雪の槍        TAKEHIDE Kazami



JJCIIフォトサロンでは、来る2007年5月8日(火)から6月3日(日)まで、風見武秀 作品展「日本アルプス―厳しい自然に抱かれた世界―」を開催いたします。

 風見氏は、日本の山岳写真の第一人者として戦前から活躍された写真家で、日本そして世界の山々が表現する、春夏秋冬の特徴を的確に捉えていました。それは、氏が山という自然が見せる多様な貌を知り尽くしていたからです。山を愛し、山と共に生きた、氏の厳しい視線と姿勢が作品に反映されており、見る者に感動を与えてくれます。

 今回の作品展では、1950〜60年代に撮影された、日本の屋根といわれる日本アルプスを捉えた作品約80点(全作品モノクロ)を展示いたします。鋭く天を突くような稜線、雲海の中に浮かびながら輝く山頂、残雪と岩肌とが織り成す美しいリズムなど、季節や天候ごとに変幻するアルプスの表情は、大自然に対する畏敬の念を呼び起こします。



風見 武秀 (かざみ たけひで)

1914年8月26日、東京・麻布に生まれる。1930年、東京・白木商業修了。1943年〜46年、 海軍嘱託としてニューギニア撮影。1947年〜60年、銀座にてカメラ材料店経営。1960年、写真家として独立、この年から年間6ヶ月ペースで海外取材を続ける。1965年、螢汽鵐┘ぅ侫トライブラリー設立。1986年、写真功労者として勲四等瑞宝章を受章。2003年12月死去、享年89歳。

著書に、「ETUDE OF ALPS」(1953年・朋文堂)、「山を行く」(1957年・朋文堂)、「ジュガール・ヒマール」(1959年・新潮社)、「ネパールの山と人」(1960年・山と渓谷社)、「ヒマラヤ」(1967年・講談社)、「世界の秀峰」(1982年・東京新聞出版社)、「世界の山稜」(1988年・グラフィック社)「風見武秀 世界の山」(2002年・東京新聞出版局)ほか多数。
元日本山岳写真家協会会長、元日本山岳会名誉会員。



 
ホームページ
JCIIトップページへ