日本カメラ博物館のlogo
 


水谷 章人 作品展

「極限の形象」





   
水谷章人



 JCIIフォトサロンでは、来る2007年10月2日(火)から28日(日)まで、水谷章人作品展「極限の形象」を開催いたします。

 水谷氏がスポーツ写真を撮り始めてから今年で40年、本格的なスポーツ写真の始まりを告げた記念碑的写真集『極限の形象』の刊行からも、はや30余年の年月が流れました。本展では40年の長きにわたって撮り続けられた膨大な作品群の中から、スポーツにおける"極限の形象"の魅力、すなわち"鍛え上げられた肉体とその動きがみせる力強さと美しさ"に焦点を当てた作品、約80点(全てモノクロ)を紹介します。選手の有名無名や競技のはやり流行・すた廃りなどに捉われず、アスリート的直感とカメラマン的本能で捉えた"極限の瞬間"と"形象の美"の数々。水谷氏の作品が持つ、圧倒的な迫力と魅力をご覧いただく展覧会です。

  スキーやスケート、ホッケーなどのアイススポーツ、水泳、水球、飛び込みなどの水中競技、サッカー、ラグビー、陸上、テニスなどのグラウンド競技、更には相撲や剣道、モトクロスまで、氏はキャリア初期から近年までの間に文字通りありとあらゆるスポーツを撮影しました。本展に網羅的に並ぶ 数々の"極限の形象"群には、ある共通の緊張感とエネルギーがみなぎっています。その力こそが、水谷氏が"スポーツ写真"を通じて捉え、伝えようとしたものなのではないでしょうか。

★作品展にともない、会期中の10月13日(土)に講演会「水谷章人スポーツ写真を語る」を開催致します。



水谷 章人 (みずたに あきと)

 1940年長野県飯田市生まれ。1965年東京綜合写真専門学校卒業。山岳、風景、スポーツなどの分野での撮影経験を積んだのち、国内屈指のスキー、スポーツ専門のフリーランスカメラマンとして活躍、現在に至る。
主な写真集に『極限の形象』、『トップスキーヤー』、『ラグビー・泥まみれの栄光』、『白銀の閃光』、『THE SKI』、『THE GOAL』など多数。1981年に第12回講談社出版文化賞、2001年に藤本四八賞受賞、2002年に第3回飯田市藤本四八写真文化賞を受賞、今年は2007年写真協会賞作家賞を受賞した。現在、(株)マイスポーツ出版顧問、日本スポーツプレス協会会長、日本写真家協会会員、日本写真協会会員。


 
ホームページ
JCIIトップページへ