日本カメラ博物館のlogo



立木義浩 写真展

「風の写心気」



立木義浩 


 JCIIフォトサロンでは、来る2010年1月5日(火)から1月31日(日)まで、立木義浩写真展「風の写心気」を開催いたします。

 立木義浩氏は東京写真短期大学(現・東京工芸大学)卒業後、アドセンター設立時にカメラマンとして参加し、1969年にフリーランスの写真家になりました。独立当初から新進気鋭の写真家として注目を浴びた立木氏は女性写真の分野の第一人者です。写真界の第一線に立ち続ける立木氏の活躍の場は広告・雑誌・出版など多岐にわたりますが、家族の肖像などの人物写真には定評があり、写真本来が持つ記録の役割をしっかり果たしながらも被写体が見せるふとした表情を捉えたポートレートを数多く発表しています。

 今回は月刊誌「日本フォトコンテスト」で2002年1月から始まった連載「風の写心気」の中から本展示用に選りすぐった作品群をご覧いただきます。この連載は毎月テーマをもとに3枚のモノクロ写真と立木氏自身の言葉で構成され、雑誌名が「フォトコン」に変わった今現在も継続しています。「風の写心気」は3シリーズ目をむかえ、これまでに約250カットもの写真が掲載されました。風景、スナップ、ジャーナリズムなどあらゆるジャンルの中から選ばれた写真はテーマによって新しい意味を持ち語りかけてきます。

 本展示作品は広告写真や女性写真で表現される立木氏の作品とは少し異なり、ダイナミックな中にも、繊細な一面を垣間見ることができるような作品群です。また、写真に合わせて掲載している文章では立木氏の心が徒然なるままに表現されていて写真をより深く楽しむことができます。



立木 義浩 (Tatsuki Yoshihiro)

1937年、徳島生まれ。
'58年、東京写真短期大学 (現・東京工芸大学) 卒業
アドセンター設立時にカメラマンとして参加。
'69、フリーランスとなり、女性写真の分野で多くの作品を発表する一方、広告・雑誌・出版など幅広い分野で活動を展開中。
<個展>                                
1999年「東寺」「親と子の情景供廖2001年「KOBE・ひと」、2002年「およう」「一滴の旅情(ハウステンボス)」、2003年「after the working・8X10」「桂林」「旅の途中で」、2004年「里山の肖像」「AFRICAN PARTY NIGHT」、2005年「火火」「ひと まち 笑顔 こうべ」、「イッセー尾形 in GERMANY」、2006年「人間列島」「舌出し天使」、2007年「風の写心気」「イヴたち」、「ありふれた景色」「長い昼・白夜」、2008年「時代のおとこ」、2009年「花巡り」(沖縄県 真和志高校)、「桜沙汰−花気色−」(GALLEY PHOTOGLAM 大阪)
<写真集>
1999年「東寺」、2000年「世界ウィスキー紀行」、2001年「KOBE・ひと」 、2002年「およう」、2003年「貴乃花道」、2004年「里山の肖像」、2005年「火火」、2006年「人間列島」「風の写心気」、2007年「ありふれた景色」、2008年「世界遺産 東寺」



 
ホームページ
JCIIトップページへ