日本カメラ博物館のlogo
 



大石芳野 作品展

「隠岐の国」


 大石 芳野



 JCIIフォトサロンでは、来る2011年3月29日(火)〜4月24日(日)まで、大石芳野作品展「隠岐の国」を開催いたします。

 大石氏は、日本大学芸術学部写真学科卒業後、フリーランスのドキュメンタリー写真家として、ベトナムやカンボジア、コソボ、沖縄など様々な国と地域をテーマに戦争の傷痕や生活の惨状を取材し、世界に伝え続けています。そのようなフォトジャーナリストとしての活動が認められ2001年には『ベトナム 凜と』にて土門拳賞を受賞しました。

 今回は、写真集『隠岐の国』から、隠岐に暮らす人々のありのままの生活を捉えた作品群をご覧いただきます。

 隠岐の国とは、隠岐諸島を総称して指す言葉で、島民が住む4つの島と約180の小島から成り立ち、島前・島後に区分され、隠岐諸島に住む人々は、自分達の故郷を「隠岐の国」と呼びます。古代から朝鮮半島との交流が深く、後鳥羽上皇や後醍醐天皇の流刑地としても有名で、しきたりや年中行事が多く、以前は祭りが島に暮らす人々の大きな楽しみでありました。

 大石氏は、1975年に初めて隠岐の島を訪れた際に出会った知夫里島の老夫婦に魅せられ、この島に通うようになります。遠い土地から来た全く知らない他人であるにもかかわらず温かいもてなしを受け、人々のおおらかさをみたといいます。人々との出会いを心から楽しみ、共感し、その人に近づこうとする大石氏の姿勢も、島民との交流を深めさせたのでしょう。

 隠岐民謡の歌舞と祭り、闘牛大会と闘牛の飼育、島の風習や冠婚葬祭など、根強く残るこの島独特の文化が写し込まれ、現在まで脈々と続く時間の積み重ねが、日々の暮らしの中に存在していることが伺えます。大石氏が撮った作品には、隠岐の国の人々の日常生活の中に、写真に写しとめることで発見できる現実が映し出されています。見る者それぞれが自分の中で咀嚼して、写るものの意味を読み取ることを要求される写真なのでしょう。

 隠岐の国のような豊かな文化・自然が蔑ろにされつつある今、日本の各地に根付いた文化を残していく意義を見つめ直す時がきているのではないでしょうか。



ホームページ
JCIIトップページへ