日本カメラ博物館のlogo


明治150年記念Adobe Systems

幕末・明治の古写真展 建物にみる江戸東京」

 

浜御殿(浜離宮)の延遼館 明治2年竣工
鶏卵紙  51×82 mm



 JCIIフォトサロンでは、古写真シリーズの36回目として、来る2018年7月31日(火)から9月2日(日)まで、明治150年記念「幕末・明治の古写真展 建物にみる江戸東京」を開催いたします。

 今からちょうど150年前の1868年、江戸は東京となり、江戸城は東京城(とうけいじょう)と改称されました。その翌年に東京奠都が行われると、東京は日本の首都となりました。

 明治天皇が京都より東京城に入城されると、東京城は皇城と改称され、明治政府の国家機関が皇城を中心に配置されました。かつては徳川政権を取り巻くように江戸城周辺に配置されていた、大老や老中、若年寄、各地の大名などの屋敷は各庁舎となり、大きな屋敷門には各省の表札が掛けられました。しかし数年後には次々と洋風建築に建て替えられ、近代国家を目指す日本の新たな街並みが作られていきました。

 今回は明治150年記念とする展示の第二弾として、「江戸」から「東京」へ、近代化という大きな変化の一歩を踏み出した時期の東京の街の姿を、当時の建物の写真を通してご覧いただきます。

 明治政府によって東京に配置された各省を中心に、学校や各国の公使館、半官半民で設立された金融機関や工場、ホテル、さらには民間が興した病院など、明治維新後間もない頃の東京の建造物をご紹介いたします。

 大名屋敷の変貌がわかる写真や、皇城内の西の丸御殿(明治天皇の御座所)が明治6年(1873)に焼失する以前の眺めなど、大変貴重なものを多数含む写真、100点以上を展示いたします。


★この展示に合わせて、古写真収集家の石黒敬章氏をお招きし講演会「"建物にみる江戸東京"を語る 」を2018年8月18日(土)に開催いたします!←定員に達しました

 

タイトル

明治150年記念 「幕末・明治の古写真展 建物にみる江戸東京」

開催期間

2018年7月31日(火)〜9月2日(日)

展示内容

年号が明治となってから150年目になるのを記念する展示の第二弾として、「江戸」から「東京」へ、近代化という大きな変化の一歩を踏み出した時期の東京の街の姿を、当時の建物の写真を通してご覧いただく。

明治天皇が東京城(旧江戸城)に入城されると、明治政府の国家機関が城を中心に配置された。

城の周辺にあった旧幕府重臣や大名の屋敷は各庁舎となり、数年後には洋風建築に建て替えられ、近代国家を目指す日本の新たな街並みが作られていった。

これらの各省の庁舎を中心に、学校や各国の公使館、半官半民で設立された金融機関や工場、ホテル、さらには民間が興した病院など、明治維新後間もない頃の東京の建造物を、大変貴重なものを含む100点以上の写真でご紹介する。

展示点数

約110点

図録販売

今回展示される作品を収めた図録を制作し、フォトサロン受付にて販売します。または通信販売もご利用いただけます。

開館時間

10:00〜17:00

休館日

毎週月曜日(ただし、祝日の場合は開館)

入館料

無料

所在地

102-0082 東京都千代田区一番町25番地 JCIIビル1階

交通機関

  • 東京メトロ半蔵門線半蔵門駅下車 4 番出入口より徒歩 1 分
  • 東京メトロ有楽町線麹町駅下車 3 番出入口より 徒歩 8 分
  • 都営バス「都03 グリーンライン(四谷駅=半蔵門=日比谷=銀座四=晴海埠頭)」半蔵門停留所下車 徒歩 4 分

* 駐車場はございませんので、お車でのご来館はご遠慮くださいませ。
* JR東京駅からは、東京メトロ
丸の内線東京駅→大手町駅にて半蔵門線に乗り換えると便利です。


ホームページ
JCIIトップページへ